柊みみはなのどクリニック 大須

柊みみはなのどクリニック 大須

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎のページ

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は、皮膚の上層に生じる、かゆみを伴う慢性的な炎症です。
乳児から大人まで幅広い年齢層にみられます。
主に、かゆみのある湿疹が、顔、肘や膝(特に内側)などにでき、早ければ生後2か月~3か月頃から症状が出る場合もあります。
アトピー性皮膚炎は治りにくく、長期間続くことがありますので、根気強い治療が必要です。

主な症状

  • 強いかゆみのある湿疹が出る
  • 皮膚が赤くなってブツブツができる
  • カサカサと乾燥して皮膚がむけたり、かさぶたができる場合がある
  • 症状が良くなったり、悪くなったりを繰り返す
  • 特徴的な湿疹になる(赤みがある・しこりがある・盛り上がりがある・水分が多い)
  • アトピー素因を持っている

※アトピー素因とは、以下の①または②を満たすものとされています。
①家族、または本人が以下のいずれかの疾患、あるいは複数の疾患を有している
(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎)
②IgE抗体(アレルギーに関係する抗体)が体質上、できやすい
(日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎の定義・診断基準」より)

症状が出る部位

湿疹は、口や目の周り、おでこ、首回り、脇、手や足の関節のやわらかい部分に出ることが多く、体の左右同じような場所にあらわれます。

アトピー性皮膚炎の特徴

アトピー性皮膚炎は、乳児期に発症しやすいと言われております。
成長するとともに症状は改善し、治癒していくことが多いですが、大人になっても症状が続くこともあり、再発するケースもあります。

また、アトピー性皮膚炎の皮膚はバリア機能が低下してしまい、普通なら感じないような刺激でかゆみの症状が出てしまいます。以下の図のように、かゆい部位を掻き続けることで「炎症が悪化し、範囲が拡がる」という悪循環を繰り返していきます。

さらに、年齢によって出やすい部位も変化しますので、そのたびに症状にあった治療を行うことが大切です。

アトピー性皮膚炎の原因

この疾患の要因となるのは、大きく分けると体質要因と環境要因の2つです。

①体質要因

  • アトピー素因がある
  • 皮膚のバリア機能の低下

※正常な皮膚はバリア機能を備えており、アレルギー症状の原因となる物質(アレルゲン)の侵入を防ぎますが、アトピー性皮膚炎の皮膚はバリア機能が低下していて、アレルゲンが簡単に侵入できる状態にあります。

②環境要因

  • アレルゲンがある
    …ダニ・花粉・ハウスダスト・ほこり・カビ・動物の毛・食品(卵、牛乳、小麦など)
  • アレルゲン以外の外部からの刺激
    …発汗、皮膚の乾燥、衣類(かたい繊維)による刺激、ひっかき傷、洗剤などの日用品、化粧品など

他にも、寝不足やストレス、不規則な生活、過労なども要因となります。

治療方法

主な治療としては、下記の方法があります。

1.薬を使用する治療方法

塗り薬(外用薬) 皮膚の炎症を抑えるためにステロイド外用薬を使用します。また、過剰な免疫反応を抑えるために、免疫抑制外用薬を使用する場合もあります。
飲み薬(内服薬) かゆみの症状を抑え、症状を悪化させないために、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬を内服することが一般的です。
症状が重い場合や、それまでの治療法では効果が見られなかった場合は免疫抑制薬の飲み薬を内服することもあります。
保湿剤 皮膚の乾燥を防ぎ、バリア機能を保つために使用します。

2.スキンケア

  • 皮膚を清潔に保ち、乾燥を防ぐ
  • 細菌の繁殖を抑える(汗をなるべくかかない)
  • 強い紫外線や日焼けを防止する
  • 衣類の繊維や肌への刺激に注意する
  • 皮膚をかかないように工夫する

アトピーによるかゆみは集中力を妨げ、日常生活のパフォーマンスを下げる要因となります。少しでも症状を和らげられるよう早めに皮膚科へ行き、治療していきましょう。