柊みみはなのどクリニック 大須

柊みみはなのどクリニック 大須

あせも

あせも

あせも(汗疹)

あせも(汗疹)の原因と症状

あせもは、夏場などの高温多湿の環境で大量の汗をかくことで起こる疾患です。
主な原因としては、汗を排出する管が、汗の成分や汚れによって詰まってしまい、汗が皮膚の中に溜まってしまうことで起こります。溜まった汗が周囲の組織を刺激して、かゆみを伴う発疹ができます。
小さな赤いブツブツができることが特徴で、乳幼児に起きやすい病気でしたが、近年の夏の猛暑により、大人で発症することも珍しくありません。

あせもは大きく三種類に分かれます。
【紅色汗疹】が一般的なあせもですが、【水晶様汗疹】も自覚症状がない内に発症することがあります。

特徴
紅色汗疹
(こうしょくかんしん)
一般によくみられるあせもです。かゆみを伴う小さな赤い発疹ができます。強いかゆみを感じ、掻きむしることで悪化しやすいため、注意が必要です。
水晶様汗疹
(すいしょうようかんしん)
直径1〜3mm程度の小さく白い(もしくは透明)の発疹ができます。症状が軽いため、自覚症状はほぼなく、自然消滅することが多いです。
深在性汗疹
(しんざいせいかんしん)
白っぽく丘状に盛り上がり、赤みやかゆみはほぼありませんが、広範囲に広がると体温調節機能が低下します。亜熱帯地方で発症することが多く、日本ではあまり見られません。

あせも(汗疹)の治療方法

治療方法は、前述した紅色汗疹と水晶様汗疹によって異なります。

紅色汗疹の場合

  • かゆみが軽い場合は、保湿剤を使用したスキンケアによって様子観察をします。
  • 炎症症状が強い場合は、ステロイドの塗り薬を使用して、炎症を抑えつつ、かゆみを和らげます。
  • かゆみを抑えることで、就寝中、無意識下でかくことを防ぎ、患部の悪化を防ぎます。

水晶様汗疹の場合

  • 症状が軽いため、基本的には日常のスキンケアで改善させます。
  • 一過性のものなので、スキンケアを随時行うことで自然と治ります。
  • スキンケアとして、以下のことに心がけましょう。
    1. 汗をかいた後は、シャワーで洗い流す、または清潔な濡れタオルで汗を優しく拭き取る。
    2. 暑さや運動をするなど、汗をかきやすい環境では、速乾性のある素材や吸湿性の高い木綿を使用した衣類を着用するなど身に付けるものに配慮する。
    3. 特に、汗をかきやすい乳幼児は、1.2.のスキンケアと同時に、外気(室内)の温度や湿度に合わせて衣類やエアコン、除湿器を使用して調節する。

あせも(汗疹)でご注意いただきたいこと

かゆみの症状により、かき続けてしまうと、患部が悪化して「とびひ」になることがあります。とびひは、正しく治療をしなければどんどん症状が広がってしまいます。あせもだからすぐ治るだろうと油断せず、適切な処置をしましょう。

あせもは、日常生活においてしっかりスキンケアをして予防することが大切です。
スキンケアをしているにもかかわらず、発症した場合は、皮膚科での受診をおすすめします。