柊みみはなのどクリニック 大須

柊みみはなのどクリニック 大須

口唇ヘルペス

口唇ヘルペス

口唇ヘルペス

口唇ヘルペスとは

口唇ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルスというウイルスが原因となって起こる感染症です。くちびるやその周囲に、痛みを伴う赤い小さな水ぶくれが複数できます。
初感染は子どもの頃に多いですが、軽症もしくは無症状なことが多く、気付かないこともあります。大人になってから初めて感染すると、重症化しやすくなるといわれています。

口唇ヘルペスの症状

  1. くちびるやその周りに軽いかゆみや、ピリピリ・チクチクした違和感がある
  2. やがて赤く腫れて、その部位に小さな水ぶくれが群発して形成される
  3. 水ぶくれは、乾いてかさぶたとなり、1~2週間で治っていく

口唇ヘルペスの原因

「単純ヘルペスウイルス1型」(HSV-1)と呼ばれるウイルスの感染が原因となります。
水ぶくれ内の液や、皮膚のただれた部分、唾液などウイルスが付着した手指から接触感染します。その他、患者のくしゃみや咳、会話中のウイルスを含んだつばが、皮膚や口・鼻などの粘膜に直接付着して感染する飛沫感染もあります。

単純ヘルペスウイルスは、一度感染すると症状が治った後も体内(神経細胞)に潜伏します。疲労、発熱、ストレス、月経、紫外線などで体の免疫力が低下するとウイルスが活発化し、再発を繰り返します。

口唇ヘルペス治療法

治療法としては薬物療法が一般的です。

外用薬 ・アシクロビル
・ビダラビン
過剰になっている免疫反応を抑えるために使用する。
ステロイド外用薬や免疫抑制外用薬の2種類ある。
外用薬 ・アシクロビル
・塩酸バラシクビロビル
皮膚症状とウィルスが増えることを抑えるために使用する

基本的には上記の薬を用いて治療しますが、場合によっては点滴(アシクロビル・ビダラビン)による治療を行うこともあります。

  • 初感染で重症化している場合
  • 免疫不全の基礎疾患がある場合
  • アトピー性皮膚炎の方がカポジ水痘様発疹症を合併している場合

現時点の抗ヘルペスウイルス薬では、ウイルスの増殖を抑え、症状を抑制するのに効果はありますが、神経に潜んでいるウイルスまで取り除くことはできません。
そのため、再発を予防するためには、日頃から十分な睡眠・休養をとり、規則正しい生活、バランスのよい食生活を心がけることが大切です。