柊みみはなのどクリニック 大須

柊みみはなのどクリニック 大須

耳鳴り

耳鳴り

耳鳴りのページ

耳鳴りとは

耳鳴りとは、自分にしか聞こえない音が聞こえる現象です。耳鳴りは周りの音ではなく自分の体内で起こる音であり、耳鳴りは音を伝える聴覚伝達系(外耳・内耳・中耳・聴神経)に異常が生じることで起こると考えられています。

耳鳴りにはこのような症状があります。

  • 金属音や電子音のような高音(「キーン」「ピー」)

…耳を塞いでみると、音が大きく聞こえます。

  • エアコンの風やボイラーの音のような重低音(「ブーン」「ボー」「ザー」)

…耳が詰まったような感覚があり、耳を塞ぐと音が小さく感じます。

  • 不定期に聞こえる耳鳴り(「ブクブク」「ポコポコ」「コツコツ」)

…耳の周りや耳小骨の筋肉の痙攣によって音が発生します。

これらの音がどんな時に現れるのか、片耳なのか両耳なのか、また音の大きさについても
個人差があり、耳鳴りと同時に難聴やめまいが起こることもあります。

耳鳴りの原因

耳鳴りの原因は解明されていないことも多くありますが、一般的には耳の入り口から脳までの音の伝達経路に異常が生じて起こると言われています。
異常の多くは内耳(ないじ)と呼ばれる器官の障害によるものと言われています。内耳が障害される原因はストレス、加齢、血流障害など様々ありますが、耳の異常だけではなく脳や脳の血管が引き起こす耳鳴りもあります。

耳鳴りの症状が出る病気

耳鳴りの症状が現れる病気について紹介します。
原因によっては、早急な検査・治療が必要な場合があります。

(1)耳鳴りの症状が現れる耳の病気

難聴(突発性難聴、スマホ難聴、加齢性難聴、騒音性難聴)、急性中耳炎、メニエール病など

(2)耳鳴りの症状が現れる耳以外の病気

高血圧症、風邪、認知症、糖尿病、貧血など

耳鳴りの治療

耳鳴りの治療法は、できる限り検査を行い、原因を特定したうえで、治療を開始します。
耳鳴りの治療を始めるのは、基本的に早いほど良いと言われています。病状によっては、緊急を要する場合もありますので、安易に自己判断しないことが大切です。

原因が、鼓膜の破れやケガによる外傷的なもの、外耳炎や中耳炎には、薬の処方で傷ついた患部の炎症を抑える、自然治癒を促す、といった治療が中心になります。

難聴による耳鳴りには、ビタミン剤などの薬物療法だけでなく、雑音に耳を慣れさせて耳鳴りが気にならないようにしていく音響療法や、補聴器の使用をお薦めすることもあります。

耳鳴りの症状が気になりましたら、たとえ軽度であっても、一度医療機関で受診することをおすすめします。原因を調べて治療することで、早期回復につながることがあります。
当院では、問診表や検査を組み合わせて、症状とその度合いを診断しますので、お気軽にご相談ください。